医者

関節が痛み変形する病気

女性

リウマチは一般的に関節リウマチの指します。これは関節の内側が炎症を起こして、関節が変形したり痛みが生じたりする病気です。治療には主に薬物療法が用いられますが、関節に負担をかけず、固まらないように適度に運動するなど日常の生活態度も大事です。世田谷区内にはリウマチ専門のクリニックがあります。

詳しくはこちら

検診の重要性

看護師

がんなどの大きな病気は症状が出る前に検診などで発見する事がとても大切です。男性も女性も30歳を過ぎたら1年に1回は自治体や会社の検診や人間ドックを使って胃がんなどのがん検診を受ける事が身体を守る事に繋がります。

詳しくはこちら

人気の水泳による治療

女性

人気が集まっています

高齢化社会と関係の深い疾患であるために、近年になって増加しているのが、腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症は、加齢的な変化によって起こります。例えば、若い人の椎間板と高齢者の椎間板を比較すると、高齢者の椎間板は、相対的に薄くなります。椎間板は、縦に連結している脊柱同士の、衝撃を吸収するクッションの役割をするものです。クッションが薄くなれば、そのぶん脊柱に衝撃が伝わりますので、脊柱の変形が起こります。脊柱の変形が起こると、その中心を走行する神経が、圧迫を受けるようになるのです。このように発生する腰部脊柱管狭窄症は、高齢化社会で必然的に増加します。そのため、腰部脊柱管狭窄症の治療に人気が集まっているのです。

水泳が取り入れられます

人気のある腰部脊柱管狭窄症の治療のなかでも、とくに注目が集まっているのが、水泳をすることです。腰部脊柱管狭窄症の治療法としては、医療機関で行う方法もあります。しかし、近年の医療において重視されているのは、セルフメディケーションの概念です。セルフメディケーションとは、自分自身で出来るだけ治療をするということになります。その点で水泳をすることは、腰部脊柱管狭窄症のセルフメディケーションの方法として、理想的です。腰部というのは、重力の影響を大きく受ける場所です。これに対して水泳をすることは、腰部が受ける重力の影響を、かなり軽減してくれます。そのうえで運動をすると、筋力の向上や体重減少にも繋がるのです。したがって、腰部脊柱管狭窄症に水泳が、より取り入れられていくと予測されます。しかし、なかには、水泳が苦手だという人もいることでしょう。そのような人は無理に水泳をするのではなく、医療機関での治療に専念したほうが良いです。医療機関では、リハビリテーションによって、水泳同様に筋肉向上を図る事ができます。

不安定な血管の塊

看護師

脳動静脈奇形の人の頭には、ナイダスと呼ばれているもろい血管があります。破裂する可能性があるので、早めに治療する必要があります。現在ではカテーテルやガンマナイフなどによる、体への負担の少ない治療がおこなわれるようになっています。ただしナイダスが小さいうちにおこなうことが大事とされています。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 腰部脊柱管狭窄症を治すために|つらい病気は病院で治療All Rights Reserved.