医者

検診の重要性

看護師

胃の不調を起こす前に

市民検診や人間ドックのがん検診の中に胃がんの検査が含まれています。年齢は30歳以上や35歳以上で検診項目が変わる事もありますが、バリウムを使用したX線検査や胃カメラを使用した内視鏡検査などがあります。最近では胃カメラの負担を少しでも軽減させるために、口からか鼻からかカメラを挿入する方法を選ぶ事が出来る病院が多くあります。胃の不調を感じる前に検診で胃がんを見つける事が出来たなら、早期発見の可能性があり治療法や手術など選択肢があると考えられます。出来るだけ胃がんなどの大きな病気にはなりたくはありませんが、万一自分の身体にがんの芽があるとしたら、検診などの段階で早期に発見しいち早く治療に取り組みたいと思います。

毎年の検診を利用する

これからは胃がんなどの大きな病気でも、病院は早期発見・早期治療・早期退院などに向っていくと思われます。昔は胃がんの手術を受けた場合長期の入院を余儀なくされましたが、最近では早期発見で内視鏡手術を受けた場合の入院期間は平均1週間程度になります。手術の傷口が小さい事や入院期間が短い事は身体への負担も軽く、またサラリーマンの人などは会社を休む期間も少なく済んで社会復帰もしやすくなります。最近では抗がん剤治療も入院ではなく通院で行われる事も多くなってきています。この様な大きな病気には多くの治療費がかかる場合がありますので、安心して治療を受ける為にも、がん検診などと合わせて医療保険などの加入や見直しを考える事も大切です。

Copyright© 2015 腰部脊柱管狭窄症を治すために|つらい病気は病院で治療All Rights Reserved.