医者

不安定な血管の塊

看護師

破裂する前に治療

脳動静脈奇形とは、脳内に本来は存在していないはずの血管の塊が、生まれつきできてしまっている状態です。この血管の塊は、ナイダスと呼ばれているのですが、動脈と静脈とが一体化している状態です。動脈と静脈は、それぞれ異なる役割を担っていますし、本来は別々に存在しています。それが一体化しているわけですから、ナイダスは非常に不安定でもろく、破裂しやすいです。ナイダスが存在していること自体で生命が失われることはありませんが、破裂することでその危険性は高まります。したがって脳動静脈奇形は、破裂する前に治療しておくことが大事です。現在では、体への負担が比較的少ない治療がおこなわれるようになっています。そのため治療を積極的に受ける人が増加していくと考えられています。

ナイダスが大きくなる前に

脳動静脈奇形は具体的には、手術または放射線の照射によって治療されています。手術は、開頭することでおこなわれていますが、昨今では他の部位からカテーテルを挿入し、それを使ってナイダスを塞ぐという手術もおこなわれるようになっています。そして放射線の照射は、ガンマナイフによっておこなわれています。放射線を照射することでナイダスは縮小し、血液が流れにくくなることでやがては消失していくのです。いずれも負担の少ない治療方法として注目されていますが、ナイダスが大きくなりすぎている場合には、成功しにくくなります。特にガンマナイフによる治療は、ナイダスが3センチ以内の場合にしかおこなうことができません。そのため、脳動静脈奇形はナイダスが大きくなる前に治療することが大事とされています。

Copyright© 2015 腰部脊柱管狭窄症を治すために|つらい病気は病院で治療All Rights Reserved.